「タスク」の研究

シンクウィークしてみた

先日、原稿を書き上げた。脱稿なう、である。

その後、ゲラが出来上がるまでにしばらく時間があったので、一週間ほど引きこもってみた。

『ビジョナリーカンパニー4』によると、ビル・ゲイツは一年に一回、まるまる一週間を「シンクウィーク」に当て、読書と思索に没頭していたらしい。場所を変え、外部からの情報を遮断し、自分の内側に潜り込む。忙しい日々の中では、どうしてもピントが寄ってしまい、俯瞰する視点を見失いがちだ。それを取り戻そうというのがシンクウィークの目的なのだろう。

私が実施したのも、それに近い試みだ。ただし、私は平常営業から家に引きこもっているし、読書と思索(と執筆)が仕事である。だから、実際にやったことは違う。しかし、目的自体は同じと言ってよいだろう。

この一週間にやったことは、だいたい3つにまとめられる。

  • プロジェクトのレビュー
  • 定点観測
  • 環境再構築

それぞれ簡単にみていこう。

プロジェクトのレビュー

まずは、原稿を書き終えたプロジェクトのレビューだ。大きく二つある。

データの整理

執筆時に使ったデータの整理。

机の上に広げた本を、本棚の元の場所に戻したり、書類をしかるべき引き出しに配置する、というようなイメージである。実際やったことは、デジタルデータの整理だ。

主に使ったツールは、Evernote、Dropbox、Scrivener(+Scapple)、Tree。

必要なデータはEvernoteに保存し、元データは削除する。

Evernoteでは、プロジェクトデータの保存に使用していた「#HR」というノートブックを整理した。ノートブック内の全ノートに「■ハイブリッド読書術」というタグを付け、その上で、原稿のデータには「原稿データ」タグを、画像データには「画像データ」タグを付けた。

後は、それぞれのノートをしかるべきノートブックへと移動させる。

現状数ノートが残っているが、しばらくしたら空にし、このノートブックそのものを削除する。

作業の進め方の確認

もう一つ、全体の執筆作業がどのように進んでいったのかを再確認した。

なんといっても、まだまだ「物書き」としては未熟な存在である。バッターが自分のフォームを一つ一つ確認していくように、自身の仕事の進め方をしっかり固めていかなければいけない。

業務日誌やプロジェクトデータを参照しながら、大まかな執筆フローを確認した。

このあたりについては、また別エントリーをあげる予定である。

定点観測

この一週間は、新規のインプットを極力減らした。新しい本も開かなかったし、Blogを読み漁るということも控えた。

その代わり、自分が過去接してきたコンテンツと再接触した。例えば次のようなコンテンツ群である。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4)
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4) 村上 春樹

新潮社 2010-04-08
売り上げランキング : 3849

Amazonで詳しく見る by G-Tools

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 下巻 (新潮文庫 む 5-5)
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 下巻 (新潮文庫 む 5-5) 村上 春樹

新潮社 2010-04-08
売り上げランキング : 7992

Amazonで詳しく見る by G-Tools

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Blu-ray Disc BOX 1
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Blu-ray Disc BOX 1
バンダイビジュアル 2009-08-25
売り上げランキング : 743

Amazonで詳しく見る by G-Tools

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Blu-ray Disc BOX 1
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Blu-ray Disc BOX 1 押井守

バンダイビジュアル 2009-11-25
売り上げランキング : 1350

Amazonで詳しく見る by G-Tools

インセプション [DVD]
インセプション [DVD] クリストファー・ノーラン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-07-20
売り上げランキング : 2037

Amazonで詳しく見る by G-Tools

改めて見返しても、やはり面白い。また、面白いと思うポイントが以前と微妙に違うことも興味深い。この辺が定点観測の面白さである。

いまこうして並べてみて、特に作為的に選んだつもりではないのだが、何かしらの共通点がこれらの作品にはあることに気がついた。たぶん、そういうのが好きなのだろう。

環境再構築

プロジェクトのレビューの結果を踏まえながら、自分の作業環境を再構築した。取りかかったのは主に次の2つ。

タスク管理環境

プロジェクトのデータをEvernoteに集約しているので、タスク関係もある程度Evernoteにまとめておきたい。業務日誌も同様である。

ただ、そのままではどうしても使いにくいので、それをサポートするAppleScriptの作成及び改良に時間を注いだ。まだまだ荒っぽいが割と便利なスクリプトが出来上がりつつある。

加えて、TaskPort proと連携することが前提のToodledoの構成もいじった。私の場合、細かい作業管理ではなく、大ざっぱな時間見積もりとタイマーが欲しいだけ、ということに気がついたので、それに沿った構成にしてみた。詳しくは、また別エントリーで紹介する(かもしれない)。

情報管理環境

Evernoteのノートブック及びタグの整理を実施した。これは上のスクリプトの動作に合わせた部分もある。

ここ最近ではかなり大がかりな整理で、ノートブックの増減やタグのリネームが結構あった。これについてもまた別エントリーで紹介しよう。
※やたら別エントリーで、という表現が出てくるがなにせ一週間分の改築なのである。

あと、同じようなタイミングで確定申告を進めていたので、経費管理の計算表(Googleスプレッドシート)も少し手を加えた。多少は便利になったのではないかと思う。

さいごに

今まで、「次、次、次」という感じで、一つのプロジェクトが終わるたびに、そそくさと次のプロジェクトに取りかかることが多かったのだが、今回はいつもより長め足を止めて、振り返り&再構築を行ってみた。

自身の気分的にはわりとイイ感じがしている。懐中時計のネジをしっかりと巻き上げたような気分だ。

いくつかEvernoteと一緒に使えるスクリプトのアイデアも出てきたので、それもまた別エントリーで紹介してみよう。

▼かみんぐ・すーん

クラウド時代のハイブリッド読書術
クラウド時代のハイブリッド読書術 倉下 忠憲

シーアンドアール研究所 2013-03-16
売り上げランキング : 416984

Amazonで詳しく見る by G-Tools

▼こんな一冊も:

ビジョナリー・カンパニー 4 自分の意志で偉大になる
ビジョナリー・カンパニー 4 自分の意志で偉大になる ジム・コリンズ モートン・ハンセン共著

日経BP社 2012-09-20
売り上げランキング : 2504

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です