著作リスト

拙著の一覧ページです。

一般書籍

ストーリーでEvernoteの使い方を学んでみましょう

ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由

『ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由』は、新しいタイプのEvernoteの解説書です。

ストーリーパートと解説パートの二部構成で、物語を読みながらEvernoteの使い方を学んでいくことができます。

詳細はこちらのページから

あなたなら、どんな本をつくりますか。

KDPではじめる セルフパブリッシング

『KDPではじめる セルフパブリッシング』では、自分で本を「出版」するための知識をまとめました。

電子書籍の作り方に留まらず、企画の立て方、執筆や編集の進め方を紹介してあります。

また、マーケティングの考え方も必要ですね。

詳細はこちらのページから

ネット時代だからこそ、読書したいですね。

ソーシャル時代のハイブリッド読書術

『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』では、「読書」の基本を丁寧に解説しました。

目的に合わせて、読書のスタイルを変える。そんな読書の方法を紹介してあります。

また、電子書籍かソーシャルメディアと読書の関係も。

詳細はこちらのページから

発想法、基本から学んでみませんか。

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)

『Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術』は、発想法の基本をまとめた一冊です。

現代らしく、デジタルとアナログツールのハイブリッドな手法を紹介してあります。

詳細はこちらのページから

仕事はやっぱり、楽しくしないと。

シゴタノ!手帳術

『シゴタノ!手帳術』は、仕事を楽しくする手帳術!

セルフマネジメントとライフログの視点から、ほぼ日手帳とデジタルツールの併用法を紹介しました。あからさまにほぼ日ラブな内容ですが、その他の手帳にも十分応用が利きます。

詳細はこちらのページから

デジタルだけじゃ、物足りません。

クラウド時代のハイブリッド手帳術

『クラウド時代のハイブリッド手帳術』では、手帳を上手く使いたい!という思いを受け止める一冊です。

「そもそも手帳の役割って何?」という基本的なお話から始まり、デジタルとアナログの両方のツールを使い合わせる方法を紹介しました。

詳細はこちらのページから

誰でもない、<アナタ>でいいんです。

Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング

『Facebook×Twitterで実践するセルフブランディング』では、ソーシャルメディアを活用して、自分自身の「ブランド」を作り上げる方法を紹介しました。

セルフブランディングとは何か、自分のブランドの見つけ方、ソーシャルツールの使い方が解説されています。

思いの外、ブログの話でもあります。

詳細はこちらのページから

Evernoteって、情報カードなんです。

EVERNOTE「超」知的生産術

『EVERNOTE「超」知的生産術』では、Evernoteを知的生産のツールとして使い倒す方法を紹介しました。

知的生産の工程を追いかけながら、Evernoteをどのように絡めていくかをまとめてあります。

Evernoteは、知識・記憶・体験を保存する最高のツールです。デジタルだって、アナログだってお構いなしに一元管理できてしまいます。

善は急げ、記録も急げ。

詳細はこちらのページから

情報の、四次元ポケットです。

EVERNOTE「超」仕事術

Evernoteって何なんでしょうか。

『EVERNOTE「超」仕事術』では、その疑問に正面からぶつかりました。基本的な概念をわかりやすく紹介してあります。操作説明書ではありませんのでご注意ください。

Tipsではなく、Evernoteが仕事でどのように活躍するのかを紹介しました。

詳細はこちらのページから

電子書籍

アリスは、いつもあたなのそばにいます

bizartscover

「ライトなラノベコンテスト」最優秀賞受賞作品!

2013年秋から翌春にかけて行われた「ライトなラノベコンテスト」に投稿した作品が電子書籍になりました。

電子書籍化に当たって、大幅な改稿が加えられています。

詳細はこちらのページから

自作電子書籍

タスクマネジメントの基礎がここに

bizartscover

『BizArts 〜仕事を前に進める23の技術〜』では、タスクマネジメントの基本を23個集めてみました。

ほんとうに基本的なテクニックなので、小難しいことは一切ありません。

仕事を「前」に進めたい方にとって、地味ながら役立つテクニック満載です。

詳細はこちらのページから

隠し味は、皮肉です。

赤魔導師の白魔法レベルぐらいまでは (WRM エッセイ集)

『赤魔導師の白魔法レベルぐらいまでは』は、エッセイ集です。手軽なエッセイが10編+α収められています。

有料メルマガ「Weekly R-style Magazine」で連載していたエッセイを一冊の本にまとめました。2010年に書いたエッセイが詰まっています。

紙の本とは、ひと味違った文体をお楽しみください。

詳細はこちらのページから

思考を散歩しましょう

遠くて近い場所、近くて遠い場所 (WRM エッセイ集)

『遠くて近い場所、近くて遠い場所』は、エッセイ集です。手軽なエッセイが32編+α収められています。

あんまり今と考えていることは変わっていませんが、文章の書き方はけっこう違います。ぽつぽつと、何かを考えるヒントになるかもしれません。

詳細はこちらのページから

考える、という体験

まるで未来からやってきたかのような (WRM エッセイ集)

『まるで未来からやってきたかのような』は、エッセイ集の第三弾。40編+αのエッセイが収められています。

いろいろなテーマについて、いろいろ考えています。思考の刺激剤として楽しんでいただければ幸いです。

詳細はこちらのページから

R-style厳選集

真ん中の歩き方

R-styleの記事から「考え方」「生き方」に関する記事を厳選してみました。

「はじめに」と「おわりに」が書き下ろしで、お手製の挿絵も追加されています。

詳細はこちらのページから

短めの寓話集

Category Allegory

『Category Allegory』は、ブログ「R-style」と「Я-style」で公開したショートショートをまとめた作品集。

さらに新規書き下ろしの2編を加えた全13編になっています。

詳細はこちらのページから

初のコンビニもの

コンビニ店長のオシゴト

『コンビニ店長のオシゴト』は、メルマガで連載していた企画をまとめたもの。

スタッフ育成のお話から、売り場作りの話題まで、コンビニ店長の仕事の肝が紹介されています。

詳細はこちらのページから

言葉の洪水、浴びてみませんか?

Fount of Word -α-

『Fount of Word -α-』は2010年~21011年の「今日の一言」をまとめたもの。

でも、たんなる格言集ではありません。

詳細はこちらのページから

ブログについて、考えてみましょう。

ブログ・マネジメント

『ドラッカーに学ぶブログ・マネジメント』は、ブログとの付き合い方を考えるための本です。

ブログとマネジメントの知識が両方手に入るかもしれません。

詳細はこちらのページから

本を読むとは、どういうことなのか?

「本」を読むことについて

『「本」を読むことについて』は、現代における読書について考えた本です。

本を読むことの、独自のメリットって何なのでしょうか。

詳細はこちらのページから

セルフ・マネジメント再考

マシュマロを、もう一つ

『マシュマロを、もう一つ』は、R-styleの記事からセルフ・マネジメントに関する記事を集めた本です。

今一度、セルフ・マネジメントを考え直してみるきっかけになることでしょう。

詳細はこちらのページから

本の紹介、書いてみませんか?

BlogArts-書評記事の書き方-

『BlogArts-書評記事の書き方』は、ブログで本の紹介記事を書くためのノウハウを紹介した本です。また、R-styleに掲載した書評記事も10編掲載されています。

書評記事って何?どうやって書けばいいの?という疑問に取り組むヒントが得られるでしょう。

詳細はこちらのページから

あなたが知らないかもしれないEvernote技

Evernote豆技50選

『Evernote豆技50選』は、Evernoteのテクニックを紹介していきます。小ネタからマニアック技まで、全部で50個(+α)。

Evernoteの使い方を最適化させるために役立つ一冊です。

詳細はこちらのページから

10年分のブログへの想い

Evernote豆技50選

『ブログを10年続けて、僕が考えたこと』は、ブログのこれまでと、これからを考えた一冊です。私のブログの歴史を振り返りながら、ブログの将来にも想いを馳せています。

もしブログについて悩んでおられるなら、考えるためのヒントはたくさんみつかるでしょう。

詳細はこちらのページから

未来のポエム

書籍の解体

『書籍の解体とフラグメント・コンテンツ、氾濫するアメーバ・センテンスや、クリエイターのアイデンティティーと過ぎ去りし書店員の憂鬱、およびキュレーションの価値とホット化したメディアについての詩』は詩です。

SF詩です。あるいは詩SFです。

詳細はこちらのページから

知的生産の誘い

知的生産とその技術 Classic10選

『知的生産とその技術 Classic10選』は本を紹介する本です。1970年〜1980年代に発売された知的生産の技術に関する名著を、ライトノベル風の会話分で紹介していきます。

詳細はこちらのページから

本を書くときの絆創膏

これから本を書く人への手紙

『これから本を書く人への手紙』は、はじめて本を書く人に向けた助言を集めた本です。手紙形式で、ごく基本的な考え方や姿勢をお伝えしています。

詳細はこちらのページから

合い言葉はロングセール

ゼロから始めるセルパブ戦略

『ゼロから始めるセルパブ戦略』は、「月くら」計画から得られた教訓と、セルフパブリッシングの未来について考えた一冊です。

詳細はこちらのページから

そんな目標で大丈夫?

「目標」の研究

『「目標」の研究』は、目標について考えてみた一冊です。

詳細はこちらのページから

日常にハックを!

タスク管理の用語集k

『Dr.Hack』は、ライフハック・ライトノベルの第一弾です。「僕」とハカセが送るライフハックの対話が中心です。

詳細はこちらのページから

タスク管理のガイドブック

Dr.Hack

『タスク管理の用語集』は、BizArtsの第一弾です。タスク管理にまつわるさまざまな言葉を紹介しています。

詳細はこちらのページから

電子雑誌

かーそる 2016年11月号

寄稿・監修した本・雑誌など

トッププロモーションズ販促会議 2012年 02月号 [雑誌]
トッププロモーションズ販促会議 2012年 02月号 [雑誌]
宣伝会議 2011-12-28

Amazonで詳しく見る by G-Tools

トッププロモーションズ販促会議 2012年 08月号 [雑誌]
トッププロモーションズ販促会議 2012年 08月号 [雑誌]
宣伝会議 2012-06-30

Amazonで詳しく見る by G-Tools

事業構想 2013年 12月号 [雑誌]
事業構想 2013年 12月号 [雑誌]
日本ビジネス出版 2013-11-01

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Evernote情報活用術
Evernote情報活用術 リブロワークス

インプレス 2015-02-16

Amazonで詳しく見る by G-Tools

超メモ術 ―ヒットを生み出す7つの習慣とメソッド (玄光社ムック) (玄光社MOOK)
超メモ術 ―ヒットを生み出す7つの習慣とメソッド (玄光社ムック) (玄光社MOOK) 倉下 忠憲

玄光社 2015-08-29

Amazonで詳しく見る by G-Tools

インディーズ作家の生きる道 (群雛文庫)
NPO法人日本独立作家同盟 (2016-03-17)

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です