「」

タイトルは慌ててリターンキーを押してしまって、途中で送信されてしまったミステイクではない。 カギ括弧が本稿のテーマである。 先日、以下のブログ記事を拝読した。 「鍵括弧が付く新しさ」(23-seconds blog) 直

続きを読む