【書評】読んでいない本について堂々と語る方法(ピエール・バイヤール)

世の中には、タイトルだけで毛嫌いする本というのがあって、そういう本は目次の確認すらしない。読まず嫌い、というやつだ。 しかし、思い切って手にとってみると、その期待が裏切られることがある。もちろん、良い意味でだ。私はそうい

続きを読む

書評 ぼくが読んだ面白い本・ダメな本そしてぼくの大量読書術・脅威の速読術(立花隆)

読書週間に書評を書き続けることを決めた時点で、ふとこの本が気になって読み直してみた。2003年5月10日が文庫本の初版であるが、時間が経って読み返してみてもなかなかに面白い。 ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの

続きを読む