AppleScriptでEvernoteを操作する 第十五回

前回は、検索を使ってノートの情報を取得してみました。キーワードを指定することで、ノートブックやタグを限定することも可能です。 ただし、前回では検索キーワードは固定されていました。それを選択できるようにするのは、どうすれば...

AppleScriptでEvernoteを操作する 第十四回

前回は、選択されたノートの複数を対象とした処理について書きました。これを使えば、ノートタイトルの一括処理などが簡単に行えますね。 今回は、「選択されたノート」以外によるノートの処理方法を紹介してみます。使うのは、検索です...

AppleScriptでEvernoteを操作する 第十三回

前回は、選択したノートに対して追記する動作を確認しました。使ったコマンドは、appendですね。 その際、動作の対象になったのは単一のノートでした。「選択されたノート」からitem of 1で取り出せば、ただ一つだけのノ...

AppleScriptでEvernoteを操作する 第十二回

前回までは、ダイアログを表示し、ユーザーに入力してもらった内容で、新しいノートを作成する、というツールを作成していました。 今回は、視点を変えて、別の形に取り組んでみましょう。ユーザーに入力してもらった内容を、すでに存在...

AppleScriptでEvernoteを操作する 第十一回

前回は、ifを使って、「Aという状況なら〜〜したいが、それ以外の状況なら○○したい」という条件分岐を導入しました。これで、「タグをつける場合」と「タグをつけない場合」の枝分かれが実現できたわけです。 今回はさらに複雑な枝...

AppleScriptでEvernoteを操作する 第十回

前回は、タグを選択するダイアログを表示し、その結果に応じてノートにつけるタグを変える機能を追加しました。 今回は、そこに「タグをつけない」という選択を追加してみましょう。登場するのは条件分岐です。 狙いとコード やりたい...

AppleScriptでEvernoteを操作する 第九回

前回紹介した機能を使えば、メモアプリで作成するノートに常に「アイデア」というタグをつけたり、あるいはそのノートを「アイデアノート」ノートブックに常に入れておく、ということが可能となります。 それはそれで便利なのですが、常...

AppleScriptでEvernoteを操作する 第八回

前回は複数行の入力を可能とし、また入力されたテキストの一部だけを取り出すことを可能にしました。 今回は、これまで使用してきた create note 以外のコマンドを使い、ノートを操作してみましょう。 作成時に指定する ...

AppleScriptでEvernoteを操作する 第七回

前回は、メモツールにノートタイトルを設定する機能をつけました。ユーザーに入力してもらう方法と、現在時刻を自動的に設定する方法です。 今回は、自動的に設定する方法で、かつ現在時刻を使わない方法にチャレンジしてみましょう。 ...

AppleScriptでEvernoteを操作する 第六回

前回は、シンプルな「メモ作成ツール」を作ってみました。今回はそれを改造していきます。 ノートタイトルの入力 前回のバージョンでは、ノートの作成は可能でしたが、そのタイトルは無題でした。これを変えたいところです。 では、ど...