頭の中の概念を整理するツール

頭の中にいくつかの概念が浮かんでいる。着想、と言い換えてもいいだろう。 この扱いが難しい。 それぞれの概念は独立していながらも、強くリンクを求めている。思春期まっただ中の男子学生のように「つながりたい」と希求しているのだ...

観察の4象限(ver.倉下)

発想におけるメモの重要性は強調するまでもありません。 メモを常備すること、そしてメモを装備すること。それが要です。 しかし、メモを装備したとしても、何も観察していなければ、メモしようがありません。観察すること。それがメモ...

マンダラートと三極発想法 その1

シゴタノ!で以下の記事を書きました。 『三極発想法』で「知的生産の技術」の体系化にトライしてみた | シゴタノ! まったくの手探りで、この『三極発想法』にチャレンジしたわけですが、なかなか効果的な発想法であることは確認で...

ジグソーパズルのピース

ぶらぶらと歩いていると、キラリと光るものが地面に落ちていました。 硬貨かと思って視点を向けてみると、奇妙な形をした、奇妙な物質が転がっています。石ころほどの小さな物質ですが、組成はよくわかりません。金属のようにも見えます...

デジタル・ブレストツールに求める要件

先日シゴタノ!で、「Twine」を紹介しました。 ※ブレストにも使えるゲームブック制作支援ソフトウェア「Twine」 でもって、それより前に「Wordrium」という自作ツールを公開しました。 ※新感覚ブレストツール「W...

アイデアを生み出す二つの方法

アイデアとは化学変化である。 というのはたぶん比喩ではありません。 ニューロン・ネットワークにあたらしい接続が生まれたとき、アイデアと呼ばれるものがおそらく生まれてきます。だから電気が走るような感じがするのだとも予測でき...

アイデアトリガーカードの作り方

以下の記事で「アイデアトリガーカード」なるものが紹介されました。 物書き・倉下忠憲さんのデジタルとアナログを融合した知的生産術(Evernote日本語版ブログ) 一人ブレストで「ちょっと行き詰まり気味だな〜」と感じたとき...

SCAMPERブレストカード、発想の癖、ゲームの効果

「SCAMPERブレストカード」が以下の記事で公開されていました。 【ブレストTool配布】SCAMPERブレストカード(石井力重の活動報告) シンプルかつ、用途が広そうなブレストToolです。 使い方は記事にも書かれて...

もどかしい救助と想起の力

「あっ、あれなんだっけ?」 というもどかしい思いを経験されたことはあるでしょうか。 夜ベットで本を読んでいたら、面白いブログネタのアイデアを思いつく。よしよし、明日の更新はそれに決定。そんなことを考えながら、深い眠りの森...

アイディアの傾向から見えるもの

アイデアには傾向があります。 個人的傾向、と言った方がいいかもしれません。 これについて考えてみると、なかなか面白いものがみえてきます。 私の傾向たとえば、私が何か思いつく場合、その属性は「物語」であったり、「ビジネスモ...

カード化のメリット

最近、MacのKeynoteで自作の電子カードを作るようなことをしている。 ※詳しくはこちらとこちら。 こうしたものを自作してみて、一つ気がついたことがある。カード化することのメリット、というやつだ。 読みやすい、という...

アイデアの発露

発露、という言葉があります。 デジタル大辞泉によると、 「心の中にあるものや隠していたことがおもてに現れ出ること」 という意味のようです。 使い方としては、「あいつの腹黒さがとうとう発露したか」、みたいな感じになるのでし...