タグ: 知的生産の技術

情報作業ツールはプラグインがいい

人は情報を汎用的に扱う。 よって、情報作業ツールは、汎用的に使えるのが望ましい。 実際、多くの情報作業ツールは、多目的に使えるようになっている。日記を書いてもいいし、ワインカタログを作ってもいいし、タスクリストとして使っ…

デジタル時代の知的生産の技術の課題

2018年の現代、デジタル技術は当たり前に使われている。そんな時代における知的生産の技術上の課題とは何だろうか。 以下の三つを挙げてみたい。 大大大大量の情報の扱い 見分けがつきにくい情報の管理 アナログならではの価値の…

それはカードかこざねか:デジタルカードツールとそのメソッド

カード法における情報カードと、こざね法におけるこざねの違いについて検討する。 その上で、デジタルカードはどのように運用されるかを見ていく。 カード/こざね デジタルカードは、サイズや記入量は可変である。よってそれは、カー…

「情報を扱う技術」を必要とする領域の図式化

メルマガで、新しい知的生産の技術について考えている。 技術的新しさもそうなのだが、それを必要とする対象についても新しさがある。でもって、その領域では知的生産の技術というよりもむしろ、情報を扱う技術としてそれは必要とされる…

“「改めて知的生産の技術について」を図式化”を読んで考えたこと

メルマガでは、「知的生産の技術」について考察しているのですが、以下の記事でリアクションを頂けました。 [知的生産]倉下忠憲さんのメルマガ第386号の「改めて知的生産の技術について」 #知的生産の技術 を読んで考えたこと:…