タグ: Scrapbox

『Scrapbox情報整理術』の参考文献をチラりと

前回は、冒頭の目次をチラ見せしましたが、今回は逆に巻末の参考文献リストをチラ見せしてみます。 本文中直接言及しているものもありますし、考えのベースになったものもあります。あるいは、ネクストステップ的に読める本もあります。…

情報が、集まらない問題

タイムラインを見ていたら、千羽鶴の話がいろいろ流れてきた。 各方面から、さまざまな意見が提出されている。中にはすごくバズっているツイートもある。 でも、それらって、どのくらい「使われる」のだろうか、ということがふと気にな…

『Scrapbox情報整理術』の目次をチラりと

さて、7月27日日発売予定の #Scrapbox本 について何回かに分けて書いていきます。 Scrapbox情報整理術 posted with amazlet at 18.07.11 倉下 忠憲 シーアンドアール研究所 …

シームレスに執筆を開始する at Scrapbox

その日のデイリーページに、フリーライティングぎみにその日のことを書く。 まず本日締切の連載原稿から取りかかりたいところ。頭の働く朝のうちに執筆を進める。ゴールデンルールだ。 テキストを選択し、そのまま開きブラケット([)…

Scrapboxを使い始めて感じた二つの相対化

その1:ブログ記事の相対化 ブログを続けて10年以上になるわけですが、知らない間に「ブログ記事とはかくあるべし」のような概念が凝り固まっていました。そのことは、「倉下忠憲の発想工房」を書いているときに気がつきました。 そ…

「本の感想箱」というScrapboxの公開プロジェクトを作りました

特に強い目的意識もなく、以下のようなプロジェクトを作ってみました。 本の感想箱 本の感想を持ち寄るためのプロジェクトです。 ブログで「書評」を書くのはちょっと大仰だけど、かといってつぶやきだと短いし、流れちゃうのがちょっ…

Evernoteのコンテキストの偶有性

ちょっと興味があったので、Scrapboxのページを、EvernoteのWebクリッパーでクリップしてみました。 (by Firefox) (by Chrome) ページの中身はどちらも同じで、タイトル部分のテキストがあ…

7月24日に新刊『Scrapbox情報整理術』が発売となります

結構ひさびさの紙の新刊です。 Scrapbox情報整理術 posted with amazlet at 18.06.19 倉下 忠憲 シーアンドアール研究所 (2018-07-24)売り上げランキング: 29,550 A…

走り書きメモ以上、記事未満のScrapbox。してその行方は

Hi! I’m using Scrapbox. Scrapbox is a place for putting information.That information is bigger than memo…

Scrapboxで、特定ページ内の記述をアラートする

最近、私の作業用Scrapboxプロジェクトでは、最初にページを読み込むとアラートが表示されるようになっています。 で、この中身は、以下のようなページから取得しています。 このページのコードブロック(灰色の部分)を書き換…

After all, I need an outline.

やっぱりね、アウトラインが必要です。 最近、Scraoboxで書籍の原稿を書いておりまして、文字数カウントなど基本的な環境としてはまったく申し分ないのですが、じゃあScrapboxだけで執筆を進められているかというと、や…

Scrapboxで特定のページにテキストを送り返す

何言っているのかちょっとわかんないと思いますので、簡単に説明を。 まず、以下のUserScriptがありました。 ページの1部分を別のページに切り出すUserScript – 橋本商会 ページの一部分を切り出…

Scrapboxですぐページを作りたい

/newページをブックマークしておく。 プロジェクトを開く→+ボタンを押す、という手順がまどろっこしく感じる場合は便利。 解説 Scrapboxでは、https://scrapbox.io/hogeproject/new…

Scrapbox書籍についての雑感

Scrapboxで書籍(のデータ)を提供する、というコンセプトがあります。 Scrapbox書籍 (masui) – scrapbox-drinkup Scrapboxで公開プロジェクトにしてもいいですし、エ…

Scrapboxの料金体系を確認

一体どうするんだろうな〜、と思っていたのですが、遂にScrapboxの料金体系が発表されました。 Scrapbox – Pricing Scrapboxは個人または非営利のご利用と公開プロジェクトは常に無料で…